営業部の沼田です。

一月前、世界中を熱くさせたソチオリンピックありました。

また先日、感動の閉会式で幕を閉じたパラリンピック。

日本人選手をはじめ世界トップアスリートの熱き戦いにオリンピック期間中は寝不足の方もいらしたのではないでしょうか?

オリンピックでは羽生選手、パラリンピックでは狩野選手、鈴木選手が金メダルを獲得しました。すごいですね!

 

ではその金メダルについて実は金メダルは銀メダルに金めっきを施しているのをご存知でしょうか?

銀メダルと銅メダルは純粋な銀と銅で作られていますが、金メダルは純度92.5%の銀製メダルの表面に6g以上の金めっきをしたものです。

確かに純金製の金メダルでしたら重くて首が痛そうですが。

しかし、私が学生時代に恩師が獲得したロサンゼルスオリンピック金メダルを首に掛けさせていただいた事がありますが、その時のメダルの重み、オーラは当時アスリート?であった自分には大きなインパクトであり今でも忘れることはありません。

世界中のアスリートの頂点に立った者だけに与えられる特別な存在ですね。

金メダル